立川相互病院看護部の看護大好きっ!!立川相互病院看護部の看護大好きっ!!

TOP先輩紹介 > スタッフインタビュー(プリセプター)

スタッフインタビュー(プリセプター)

立川相互病院を選んだ理由は?
高校の時、看護学校を受験するために通っていた塾の先生が当院で働いていました。看護体験や赤ちゃん同窓会などに参加できる看護学生の会があり、奨学金制度もあることを教えてもらいそのまま当院の奨学生になりました。
プリセプターになってがんばっていること
プリセプターは2回目ですが、1回目はプリセプター同志ほとんど情報の共有が出来ず、きちんと教えることができたか不安でした。一緒に話したり、冗談を言ったりしていただけかな、と思っています。しかし2回目は先輩と一緒にプリセプターをしているので情報を共有してプリセプティーの良いところ、看護上の心配点がわかったうえでアドバイスができていると思います。1年目(新入)は大変なので厳しい時もあると思いますが、普段話がしやすいようコミュニケーションをとってストレスにならないようがんばっています。
立川相互病院の魅力
現在泌尿器・整形の混合病棟にいます。良いところはいろいろありますが、ピックアップしたいと思います。①整形は専門(腰)の医師がいるので腰や頸椎の手術が増えています。麻痺があっても元のADLに戻っていく患者さんの姿に笑顔になります。
②ナースカンファレンスでは1年目からベテランまで関係なく話し合うことができています。提案をすることで看護が統一できやりやすくなります!③先輩がやさしいです。今の病棟もそうですが、1年目の時もプリセプターに助けてもらったおかげで今楽しく看護師ができています。
4年目看護師としての現在と【こんな看護師になりたい!】という理想の看護師
「こうしたい!」という気持ちをみんなに発信するときエビデンスを持っていく大切さを学んでいます。「個々にあった看護をしたい、でも業務に追われて…。」→これを変えられるように1日1回清潔ケアでもレクリエーションでも行うようにしています。大分まわりが見えるようになって、かつマイペースに自分のやりたいことができていると感じています。今後がんばりたいのはチームで共有できるように発信、安全に看護できるよう知識を広げることです。初心を忘れたくないです。
学生の皆さんへのメッセージ
ごめんなさい、私は選ぶことなく当院に決めてしまったので…(笑)まだどのような看護がしたいのか決まらないだろうし、漠然としていると思いますが、いろいろ見た中で「ココだ!」と思える場所が良いのでは?決め手は専門分野や都内で、キレイ(建物が)や給料…などいろいろありますが、焦らずにいつでもやり直しがききますから迷わず自分の決めた病院を選んでください!意外と面接は取り繕ったものより本当のことを(きちんと文章にして)話す方が良いと思います!

お問い合わせはこちら

看護部窓口

(受付時間 平日9:00〜17:00)

閉じる