スポーツ肩関節外来開始について

はじめまして。
この度、当院で肩関節スポーツ外来を担当させていただくこととなった守重昌彦と申します。

平成12年に神戸大学医学部を卒業した後、地元である立川近くで働くことを視野に入れ東京大学整形外科学教室に入局しました。以後関連病院で技術の研鑽を積み、武蔵野赤十字病院時代には副部長として肩スポーツ外来を担当、その後誘いを受けて神戸のあんしん病院・あんしんクリニックでも肩肘スポーツ外来を担当してきました。あんしん病院は日本でも屈指の手術件数を誇る整形外科病院ですが、一方であんしんクリニックは圧倒的な外来患者数も誇っており手術以外の保存治療も徹底的に行ってきました。

私は今まで肩膝を中心に1,000例以上の関節鏡手術の執刀経験があります。そのおかげで関節鏡手術には自信をもっていますが、多くの患者さんを診ていく中で手術はあくまで治療手段の一つであり万能ではないことに気づかされました。実際に整形外科で手術治療が必要な患者さんは数パーセント以下と言われています。特に肩関節やスポーツ領域は手術以前に機能面の改善が重要であり、それだけでは治療できない患者さんに対して手術治療が加わることで初めて隙のない治療が提供できます。

保存治療の質の向上のため、超音波診療(エコー)にも力を入れています。超音波は診察室で即座に軟部組織(筋肉・靭帯・腱など)を評価することができますし、必要な注射も正確に行うことができます。
レントゲンの「骨は問題ありません」は「あなたは何ともありません」ということではありません。
レントゲン画像で評価できることは限られています。超音波などによる軟部組織診断と体の機能評価により初めて正確な診断をし、治療へ進めるのです。

私は今までに積み重ねてきた手術治療と保存治療の技術を地元立川で全身全霊をかけて発揮していきたいと思っています。

他の医療機関でも満足いく結果が得られなかった方も是非、一度来てみてください。あなたにとっての最善の治療を一緒に探していきましょう。

肩関節外来は紹介予約外来となります。紹介予約外来についてはこちら

医師 守重 昌彦先生

一覧に戻る