立川相互病院看護部の看護大好きっ!!立川相互病院看護部の看護大好きっ!!

TOPクローズアップ > HOT(在宅酸素療法)の学習会を行いました

クローズアップ

HOT(在宅酸素療法)の学習会を行いました

 12月11日(火)に立川相互病院認定看護師会主催院内学習会で、HOTについて話をしました。

 HOTというのは在宅酸素療法(Home Oxygen Therapy)のことで、呼吸器や循環器疾患を患っている患者様が、息切れや呼吸困難などの改善、日常生活動作、生活の質の改善などを目的に導入されるものです。

 HOTを導入することでのメリットはありますが、酸素ボンベなどを使用しなければならないことや費用もかかるためデメリットもあります。そのため、HOT導入後自己中断をしてしまうことや外出を控えてしまうことがあるのが現状です。

 HOT導入後の様々なデメリットがありつつも、いかに今まで通りの生活に近づけられるかが、HOTを継続していくためには重要となります。

 HOT導入は外来や入院で行われており、指導に関しては看護師が行うため、患者様にどんな影響があるのか(メリット、デメリットを含めて)や、どんな酸素機器があって、どんな特徴があるのかといった内容についての学習会を行いました。

 日々呼吸器疾患患者様と関わっている看護師が主に参加し、「改めて勉強になった」「HOTや機器の選択について、患者さんの気持ちを聞くことが大切だと思った」などの感想がありました。

 自分自身も含め、日々行っているHOT指導に関して改めて考える良い機会になったのではないかと思いました。

 呼吸器疾患患者様以外にもHOTを導入することがあるため、どの看護師でもHOT指導ができるように、継続して学習会を行っていきたいと考えています。

(TEIJINホームページより)

お問い合わせ
  • 042-525-2295
  • (受付時間 平日9:00〜17:00)
  • 資料請求
  • 病院見学
  • 面接応募
カテゴリメニュー

新着情報

お知らせ
クローズUP

お問い合わせはこちら

看護部窓口

(受付時間 平日9:00〜17:00)

閉じる

お問い合わせ
資料請求 病院見学
面接応募 電話する
サイトマップ

閉じる