立川相互病院看護部の看護大好きっ!!立川相互病院看護部の看護大好きっ!!

TOP先輩紹介 > 立川相互病院,認定看護師

認定看護師紹介

認定看護師(certified nurse)とは

認定看護師とは公益法人社団日本看護協会認定看護師認定審査に合格し、
ある特定の看護分野において熟練した看護技術と知識を有することが
認められた者を言います。
認定看護師は特定の分野において以下の3つの役割を果たします。

① 個人、家族及び集団に対して熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践する(実践)
② 看護実践を通して看護職に対して指導を行う(指導)
③ 看護職に対してコンサルテーションを行う(相談)

認定看護師のクローズアップ

感染管理認定看護師

私たちの顔をみたら手をキレイにしたくなりますように

私たちの資格は「感染管理」という分野で、管理という名前の通り、看護部だけではなく、医師、メディカルスタッフ、業者など全ての方を対象に行っています。

そのため、さまざまな部署に積極的に足を運び、スタッフとコミュニケーションをとることが必要になってきます。

感染管理認定看護師

活動内容は、「医療関連感染(昔でいう院内感染)」を防ぐことです。ICN(Infection-control-nurse)として7つの柱があり、サーベイランス、教育、職業感染管理、コンサルテーションetcを日々行っています。

当院の感染対策に関する組織は、院内感染対策委員会と、その下に感染対策チーム(Infection-control-team:ICT)、看護部リンクナース会の3つがあります。院内感染対策委員会はICTやリンクナース会議からの提案を議論・決定する諮問期間で、ICTは実働部隊となっています。ICTは医局、看護部、検査部、薬剤部、事務で構成されています。

週1回のICTパトロールでは、メンバーで感染症の発生動向や、指定薬剤の使用状況などの打合せを行い、その後院内全体のラウンドを行います。ラウンドでは感染症の表示が正確にされているか、手指消毒剤が適切に使用されているか、などのチェックを行い、現場からの相談を受けています。

また、病棟で重大な感染症が発生した場合や、感染患者が多発した場合には速やかに現場に向かい、現在の感染対策が適切なのかをチェックし、必要時指導を行い、感染症が拡大しないよう努めています。

皮膚・排泄ケア認定看護師

スキンケアに関するご相談はぜひ!

私の役割は、創傷(Wound)・ストーマ(Ostomy)・失禁(Continence)に関わる専門分野で、質の高い知識・技術を提供していくことです。この3つの領域に共通するのが「スキンケア」です。

「スキンケア」は健康を害した皮膚に対し、健康を取り戻したり健康を維持することを目的としています。具体的には、褥瘡、創傷、ろう孔、下腿潰瘍、人工肛門、人工膀胱、失禁等の問題に対し、「実践」「指導」「相談」を行っています。

皮膚・排泄ケア認定看護師

当院では褥瘡対策チームがあり、毎週回診を行っています。褥瘡対策チームは、皮膚科医師、薬剤師、各病棟の看護師、理学療法士、栄養士、皮膚・排泄ケア認定看護師で構成されています。

回診では創の処置だけではなく、なぜ褥瘡が出来てしまったのかアセスメントし、体圧分散寝具の選択や体位変換の方法、栄養状態、リハビリテーション方法など、患者さんを取り巻く様々な情報を基に多職種と共に話し合っています。話し合いには患者さんにもご参加頂き、その改善策や予防策に至るまで、患者さん自身がご理解とご納得し協力して頂けるような計画を立てるように心掛けています。それにより、患者さんの個別性にあわせたより良いケアが提供できると考えています。また、退院後も継続したケアが出来るように、ご家族や転院先のスタッフ、訪問看護師などを交えてカンファレンスを開催するなど、地域連携に繋がる活動も行っています。

認知症看護認定看護師

高齢者に暖かい看護を

認知症看護とは、認知症という疾患を抱えていても、その人らしく生活できるように、認知症の方やその家族に寄り添い支援していくものです。

活動内容は、
1. 院内における「認知症看護」の講義
2. 患者さんを対象とした、地域での学習会の実施
3. 都立看護専門学校での「認知症看護」授業
4. 認知症看護認定看護師実習指導
5. 病棟での看護実践
です。

認知症看護認定看護師

当院では認知症の患者さんが、各科に入院しています。
急激な環境の変化やストレスの増加が予測される「入院」は、患者さんが混乱したり、不安になったりと、認知症の症状が悪化することがあります。しかし、看護師である私たちも環境の一つであるということを十分に理解して、看護を提供していくことが重要だと考えます。

認知症看護では「患者さんと家族は合わせ鏡」という言葉をよく耳にします。家族の方がにこやかに対応すると、認知症の方の笑顔も増えるという意味です。同じように、私たち看護師の笑顔が増えると、認知症の患者さんも笑顔が増え、混乱や不安が軽減すると考えます。
患者さんの笑顔が増え、家族の方の笑顔が増え、私たち看護師の笑顔も増えるような認知症看護を提供できるように、日々頑張っています。

がん性疼痛看護認定看護師

有効・安全・安心な医療を提供するために

がん性疼痛看護とは、がんの治療を受けている患者さんに起こる痛みに対し、痛みのアセスメントや鎮痛薬の選択、使用後の疼痛や副作用の評価を行い、患者さんや家族のQOLの向上を支援することです。

がん患者さんの痛みは、身体的要因のみならず、精神面・社会面・スピリチュアルな面が影響するため、身体的側面からのアセスメントを行ったうえで、他の側面へのアプローチも必要となります。

がん性疼痛看護認定看護師

当院のがん治療サポートチームは、医師(外科、内科)、薬剤師、認定看護師(緩和ケア、がん性疼痛看護)、各病棟のリンクナースで構成され、毎週木曜日の午後にカンファレンスとラウンドを行っています。
具体的には、3つの活動があります。
1. 難渋している疼痛のコントロール、がん治療に関わる副作用症状などに対し、症状緩和の確認とアドバイスを行う。
2. 化学療法を始める患者の、抗がん剤使用の効果と安全性の確認とアドバイス、プロトコール選択の助言を行う。
3. がん治療に関わる入院患者を中心に、様々な問題に対してソーシャルワーカー、往診室、訪問看護ステーション、診療所などと協力し、より良い方向性を見出せるよう、支援やアドバイスを行う。
これらを行うことで、それぞれの患者様とご家族にとって、またその支援に関わる医療者にとっても有効・安全・安心な医療を提供するためのサポートが出来るよう努力しています。

手術看護認定看護師

手術を受ける患者様・ご家族に寄り添える看護を目指します

手術看護認定看護師は名前の通り術前・術中・術後を通して周術期看護の質を保つことが求められます。

具体的には、手術を受ける様々な年代、身体的・精神的・社会的状況の患者様やご家族が安心・安全に手術を受けられるように術前から術後を通して関わり、1人1人の患者様に寄り添った看護が出来るようにします。

手術前・後は訪問を通して患者様とコミュニケーションをとり、必要な情報収集を行いスタッフと共有します。また、手術中は様々な手術侵襲を最小限にし、麻酔という特殊な環境下にいる患者様の代弁者となって、看護を実践します。そして、手術を受ける患者様の二次的合併症を予防するための体温・体位管理等を実践し、手術機材や機器などの適切 な使用や安全管理も行えるようにします。

手術看護認定看護師

手術室看護師はさまざまな関連部署や他職種との連携をとることが必要になってきます。そこで、手術が円滑に進行できるように手術室のスタッフに限らず、周術期看護にかかわる病棟や外来のスタッフとも協力し「相談」「実践」「指導」を行います。共に協力し合い、学びを深め、より安全な周術期の継続看護を提供できる環境を作っていけるようにしていきたいと考えています。

手術室ってよくわからない…ではなく、誰でも興味があれば気軽に見学に来ていただき、声をかけて下さい。看護師、医師、臨床工学技師など他職種間でも当院は皆話しかけやすいので、毎日とてもたくさんのことが勉強になります。

手術という患者様の人生のイベントが安全に、また前向きに乗り越えられるような看護を一緒にしましょう!

慢性呼吸器疾患看護認定看護師

その人らしく、慢性期呼吸器疾患と共に生活できるよう支えたい

慢性呼吸器疾患というのは、肺気腫などが含まれる慢性閉塞性肺疾患(COPD)や気管支喘息、間質性肺炎など肺に障害がある方や、神経・筋疾患により呼吸がしづらくなってしまった方などが含まれます。

慢性呼吸器疾患看護認定看護師の役割としては、慢性呼吸器疾患を抱えながらもその人らしく生活が送れるように支援させていただくことです。

慢性呼吸器疾患看護認定看護師

具体的な内容としては、患者様やご家族に、在宅酸素療法(HOT)や非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)の指導、急性増悪を起こさないための療養生活に向けての支援などです。
また、患者様だけでなくスタッフにも、HOTやNPPVの指導時のポイントの説明などを行っています。

慢性疾患は一生付き合っていかなければいけないため、その人が疾患を受け止め、疾患とともに生きる生活を、いかにその人の生活に組み込めるかが大切になってきます。
そのため、その人が大切にしてきたこと、今後も大切にしたいことを中心に一緒に考え、息辛さ(生き辛さ)を軽減できるよう日々頑張っています。

摂食嚥下障害看護認定看護師

「安全にできるだけ最期まで経口摂取を!」

摂食嚥下障害看護は、人が当たり前に行っている、食べ物をみて、口に運び、噛んで、飲み込むという一連の動作に障害を持った方に対して、安全に食べられるよう支援していくものです。

口から食べるということは、人間のQOLに大きく影響します。急性期の病院では、誤嚥のリスクがあるかもしれないから、と安易に絶食となってしまうことが少なくありません。
しかし高齢者の多い現在では、口から食べない期間があることで、嚥下の機能が著しく低下し、結果として病気が治った後も食べることが出来なくなってしまう恐れがあります。

摂食嚥下障害看護認定看護師

そのようなことが少しでも減るように、入院された方の嚥下機能をすばやく正しく評価し、安全に食べられるように、言語聴覚士と協力して活動をしています。

また当院には嚥下チームがあり、言語聴覚士を中心に、各病棟の看護師、栄養士や調理師、歯科スタッフとともに、病院食の形態から口腔衛生の物品など、嚥下障害に関る様々なことについて検討し、院内への啓発に努めています。

認定看護師の支援制度を強化しました

立川相互病院リニューアル構想の中で看護部は、認定看護師のように専門性をもった看護師の育成に力をいれていきたいと考えています。
そこで、2010年6月に「健生会認定看護師育成支援規定」が見直され、従来の支援制度を更に強化しています。

  • 推薦された受験者に対し、受験2回まで受験料を全額補助する。
  • 教育課程期間は健生会の継続勤務として扱う。
  • 学費の半額を奨学金として貸し付け、資格取得後5年間の勤務により返済を免除する。
  • 研修及び実習場所が遠方にて通学できない場合、家賃・旅費・引越費用全額補助する。
先輩たちへインタビューしました
2017年入職

2017年入職

病院の雰囲気が良く、帰省もしやすい場所です

2017年入職

2017年入職

安心して働くことができると思い選びました

2017年入職

2017年入職

見学の際のあたたかい雰囲気が良かったです

2017年入職

2017年入職

教育体制が自分にあっていると感じました

2017年入職

2017年入職

スタッフ間の連携の良さに魅力を感じました

2017年入職

2017年入職

アットホームな環境とスキルアップできる研修で選びました

2017年入職

2017年入職

個人の成長に合わせて先輩看護師が親身に指導してくれます

2016年入職

2016年入職

保健師資格を生かせる研修が受けられます

2016年入職

2016年入職

BFHに認定されており、自分の希望と一致しました

2016年入職

2016年入職

様々なスタッフのアドバイスが心の支えになります

ICU病棟師長

ICU病棟師長

集合研修で同期の仲間ができます

総合内科病棟副主任

総合内科病棟副主任

温かい雰囲気で中途採用でも安心でした

お問い合わせはこちら

042-525-2295

(受付時間 平日9:00〜17:00)

看護部窓口

(受付時間 平日9:00〜17:00)

閉じる

お問い合わせ
資料請求 病院見学
面接応募 電話する
サイトマップ

閉じる