ポジショニングとは

普段私達は就寝中に何度も寝返りを行うことで、身体の同じ部位に圧がかからないように調整できています。しかし手足や体幹などに重度の運動麻痺や著しい筋力低下を有する方達は自力で寝返りを行うことが困難なことが多く、介助者側で一定時間事に良肢位に体位変換を行う必要があります。

不良肢位になる事で寝ている際には必要ない筋肉の緊張がみられてしまうことがあります。そこでクッションなどで身体とベッドの隙間を無くしたリラックスできるポジショニングを行い、筋肉の緊張の緩和を促す必要があるのです。

当院ではリハビリスタッフが患者様に合わせたポジショニングを設定し、シートを作成することで病棟スタッフ全体でその患者様の良肢位を確認し、適宜体位変換を行っています。ポジショニングを行うことで筋緊張の緩和はもちろんですが、褥瘡の予防や浮腫の軽減を促すこともできます。
患者様皆様が安全に安心して病棟での生活を送れるようにスタッフで共有しています。

ポジショニングシート①

ポジショニングシート②

ポジショニング学習会の様子