自費の白い歯に3つの新しいラインナップが加わりました

けんせい歯科 歯科技工士 関 多革司


1.フルジルコニア(ハイブリッドに替わる素材として注目・機械で削り出します)
フルジルコニア
☆適応(小臼歯・大臼歯)
☆利点
・メタルレス(金属を使用しない)で、ハイブリッドと比較して、耐久性に優れています。金属アレルギーを起しません。
☆欠点
・単色で透明感がないため前歯部への適性に欠ける。
・歯を削る量が少し多い。
・割れてしまう場合もあります。

2.ジルコニアボンド(メタルボンドに替わる素材として注目。土台のみ機械で削り出し、その上に陶器の素材を築盛し、焼成します)
ジルコニアボンド
☆適応(前歯部・小臼歯・大臼歯)
☆利点
・金属を使用しないので、金属アレルギーを起しません。
・透明感に優れ、審美的に良好です。
・金属を使用しないので、歯と歯肉の境目に黒いラインができません。
・ジルコニアと陶材を併用して使用しているので、天然の歯に近い透明感があります。
・金属イオンによる歯肉の黒ずみもありません。
☆欠点
・歯を削る量が少し多い。
・割れてしまう場合もあります。

3.プレスセラミック「e-max(イーマックス)」 (ハイブリッドインレーに替わる素材として注目)
プレスセラミック
☆適応(小臼歯・大臼歯)
☆利点
・ハイブリッドと比較すると耐久性に優れています。
・透明感があり審美的に良好。
☆欠点
・部分的な欠損に適していますが、全部を被覆する冠に対しては、強度的に弱いです。

 

※上記3つは保険が適用されていません。自費となります。
今年度、診療報酬改定に伴い保険でもできる白い歯の適用も広がっています。
但し、材質の強度や特性により当院所で扱っていない補綴物(ほてつぶつ)もあります。
詳しくは、診療スタッフや、歯科技工士にお尋ねください。