立川相互病院 イメージ画像1
立川相互病院 医局事務課
〒190-8578
東京都立川市緑町4-1
TEL.042-525-2898

電話問い合わせ時間
平日9:00〜17:30

メールリンク 立川相互病院HP 交通アクセス https://aequalis.jp/
パンフレット
初期臨床研修プログラム
東京民医連医学部奨学金制度のご案内
 
後期研修のコンセプト。1.3年間を内科全般の力をつける期間と位置づけ、原則総合診療科所属とし、地域の中で総合力を身につける。2.病気ではなく、地域で暮らす患者さんの人生に継続して関わる。3.往診、救急外来、一般外来、病棟を軸に患者さんの生活の場で主治医能力を磨く。

Point 1 研修コースは3つ

2018年度後期研修・専攻医募集中。詳しくはこちら

Point 2 専門医の取得も充実しています。

学会専門医認定施設

日本内科学会教育病院/日本プライマリ・ケア連合学会認定医研修施設/日本神経学会関連施設/日本消化器内視鏡学会指導施設/日本消化器病学会関連施設/日本循環器学会循環器専門医研修施設/日本心血管インターベンション学会認定研修関連施設/日本呼吸器学会認定施設/日本呼吸器内視鏡学会認定施設/日本腎臓学会研修施設/日本透析医学会認定施設/日本糖尿病学会認定教育施設/日本病理学会認定施設/日本臨床細胞学会認定施設/日本皮膚科学会専門医研修施設/日本呼吸器外科学会認定施設/日本胸部外科学会関連施設/日本外科学会専門医制度修練施設/日本乳がん学会認定施設/日本泌尿器科学会専門医教育施設/日本整形外科学会専門医制度研修施設/日本リウマチ学会教育施設/日本小児科学会専門医研修施設/日本産科婦人科学会専攻医指導施設/東京都医師会母体保護法指定医研修指定医療機関/家庭医療学会後期研修プログラム認定施設/日本静脈経腸栄養学会NST稼動施設認定/日本がん治療認定医機構認定研修施設

Point 3 診療上必要なスキルアップを支援します。

放射線科読影トレーニング、ER 研修など他院所での短期研修を希望に応じて実施します。各種セミナー(感染症、ER、エコーなど)への参加も行います。

Point 4 後期研修終了後、専門分野を深めるための外部研修を保障しています。

外部研修実績

虎の門病院/日本医大多摩永山病院/国立がん研究センター中央病院/国立がん研究センター東病院/都立小児総合医療センター/東京都立多摩総合医療センター/大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター/国立精神神経医療研究センター/沖縄県立中部病院/日立総合病院/都立墨東病院/埼玉医科大学病院/国立成育医療研究センター/日本赤十字社医療センター/済生会中央病院/杏林大学医学部附属病院/がん研究会 有明病院/国際国際医療研究センター/東京医科大学病院/国立病院機構 東京病院/筑波大学付属病院/都立広尾病院/福井県立病院救命救急センター/福井大学医学部附属病院/東京女子医科大学病院/神奈川県立こども医療センター/済生会横浜市東部病院
※外部研修中の身分・給与は当院規定により、保障されます。

イメージ画像1

後期研修医からのメッセージ

中島 拓也
中島 拓也 (2010年 後期研修開始/金沢大学卒/外科所属)

 3年目から立川相互病院で外科の後期研修を行っています。手術は虫垂炎やヘルニア、痔核などから始まり、3年目の早い段階で結腸・直腸切除術、4年目からは胃切除術や腹腔鏡下胆嚢切除術などを執刀させてもらっています。上級医は肺・肝臓血管・乳腺・鏡視下手術などの専門を持っているので、その助手に入ることも多いです。勉強会は火水金の朝に腹部画像の読影、骨のXpの読影、抄読会をしています。
 当院では救急から退院後の外来フォロー、手術から化学療法と幅広く担当させてもらえるので、外科系の総合的な力をつけるにはぴったりです。また外科を含む全ての科が同じ医局のスペースを使用しているため各科のコンサルトがしやすく、か自分の専門以外の基本的なスキルも維持しやすいのも特徴です。
 当院での実習は一年を通していつでも受け付けているので、ぜひ一度見に来てください。

南條 嘉宏
南條 嘉宏

 僕自身は立川市の出身です。自分の育ったこの地域で役に立つ医師になりたいと思い、初期研修から当院で研修をしました。後期研修を行うにあたって、どうするか迷いました。地域に根ざし、地域の為の医療機関であるということを初期研修で実感し、ここでなら自分の目指す医療ができると思いました。後期研修では、内科総合診療コースを選びました。このコースでは、訪問診療・ER・一般外来・病棟の4つのフィールドがあり、たくさんのことを勉強できます。訪問診療では、在宅と入院のつながりを強く感じることができ、医療の継続性を身をもってわかり、とても勉強になりました。
 一般外来での対応や、ERでどういった対応をすべきかなどを、指導医も交えて後期研修医が中心となって勉強会も開いています。総合診療科では、3年目から指導医となり大変な部分もありますが、自分の知らない事も当然ですが、曖昧な部分を明確化でき、とても力になった半年でした。また、ER研修で福井大学の林寛之先生のところへ行ったり、専門研修で外部研修などにも行けるので、地域に根ざしながら勉強を重ね、それを地域に還元できると確信しています。是非実習に来て、当院の医療を体験してもらえばと思います。

唐沢 知之
唐沢 知之

 専門医のみに傾倒せず、内科全般を学びたいという人には是非おすすめしたい病院です。
 私は初期研修を立川相互病院で行い、この病院ならば患者さんを 中心にした医療の 端を担うことができると考え、引き続き後期研修も当院を選択しました。現在は呼吸器内科医として勤務していますが、救 急外来では内科疾患全般の対応をしますし、呼吸器疾患で入院している患者さんでも多くの基礎疾患を有し、専門科以外の知識や技術が必要な場面もたくさんあります。そういった中で、もちろん専門科の最新の 知識や技術を得ながら、自身で学習したり他科と協力しながら診療にあたり、内科全般のUp Dateもできています。また様々な社会背景を持った方が来院し、それは疾患と強く結びついていることも多々経験しており、疾患のみならず全人的な医療を実践すべく日々奮闘しています。
 見学に来ていただければ当院で働くことの楽しさがわかると思います。是非 度お越しください。

奥野 開斗
奥野 開斗

 研修病院をどこにするか迷っている方は是非とも一度実習に来ていただきたい病院です。アットホームな雰囲気のなか、とにかく病院の中で研修医が楽しそうにしているところを見てください。上級医の丁寧な指導のもと、研修医と言えども実際に患者さんの“主治医"として、診察や治療方針の決定に携わっています。大病院とは違い、看護師さんやリハビリスタッフなどコメディカルとの 連携もとりやすく、いつも助けてもらっています。多くの初期研修医がそのまま 後期研修に残ることも特徴で、とにかく若手医師が多く、病院の働きやすさを感じます。知識と技術が光る各専門科の医療から、地域の暮らしを支える診療所や在宅医療、第一線の救急医療など研修フィールドの幅広さも魅力です。
 私も初期研修を経て、当院で総合診療科の後期研修を行っています。主治医として責任をもつこと、「病気」だけでなく生活背景まで含めた「患者さん」を診ることな ど、初期研修の2年間で培ってきたことが、今の自分を支える基礎となっています。
 幅広い研修フィールドで、多くの仲間と共に、医師としての第一歩を踏み出してみませんか?あなたの実習をいつでもお待ちしています。