メンテナンス(歯周病安定期治療) をおすすめします!

けんせい歯科 歯科衛生士 横田 静江

●歯周病安定期治療とは?
一通り、歯周病の治療が終了してなおかつ病状が安定している状態で、4ミリ以上の歯周ポケットが残る場合はメンテナンスを保険で行うことが出来ます。
1〜2ヶ月ごとに虫歯のチェック、歯周ポケットの測定、口腔内写真撮影(一部)、プラークコントロール、歯石除去、クリーニング(エアーフロー)などを行います。

また、虫歯のリスクが高い方にはフッ素塗布も行うこともできます。
そして、一年に一度はレントゲン写真を全体に撮影し(口腔内写真も全体)全体的な点検もします。
メンテナンス中でも、もちろん虫歯の治療・入れ歯の調整・作製などはできます。
今、残っている歯を大事にしてなるべくご自分の歯で食べて健康的に過ごしていきましょう!
食べることは楽しみの一つでもありますよね〜☆

ちなみにクリーニングにはエアーフローマスターを今年度から新しく導入して行っています。
スムーズなプラーク除去ができ、きれいになった、サッパリすると好評です。