口腔ケアと誤嚥性肺炎

けんせい歯科 歯科医師 新原 陽子

高齢者の起こす肺炎の約8割は、食道に入るべき食物や唾液が気管から肺に入ってしまう誤嚥性肺炎であるとされています。多くの誤嚥性肺炎は、不顕性誤嚥と呼ばれ夜間の睡眠時に唾液や咽頭分泌物が肺の中に垂れ込んでしまうことが原因となっています。

引用:http://www.8020zaidan.or.jp/magazine/start_care04.html

肺炎双球ワクチン接種だけでなく口腔内を徹底的にケアすることはその他の菌による肺炎予防に非常に重要です。往診でも専門的口腔ケアが可能です。是非一度けんせい歯科にご相談下さい。

引用:http://www.white-family.or.jp