けんせい歯科の感染対策

けんせい歯科 歯科医師 秦 史子


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界的に猛威を振るう今、
みなさんは如何お過ごしでしょうか?今月は当院の予防対策を紹介します。

①毎朝のスタッフの健康確認
 毎朝、その日の体温、体調を報告します。体温が37.0℃以上もしくは体調不良者は出勤を控えています。

②来院時の受付での検温、問診、手の消毒
 受付で患者さん全員に対し、検温と問診を行っております。
 検温にて37.0℃以上の方や、その他かぜ症状のある方には診察を控えるようお願いし、手をアルコール消毒、もしくはアルコールが弱い方には手洗いで対応していただいいております。

③診療室の対策
1.飛沫を吸引するために口腔外バキュームを積極的に活用しています。
2.診療をするスタッフは手洗いを徹底するとともに、マスク、グローブ、フェイスシールドの着用をし、自身の感染予防に務めています。
3.常時換気を行っています。
4.患者さんの診療終了毎にチェアなど使用した部分は刷掃消毒をしています。

④待合室の対策
 待合室の椅子、手すり、ドアノブは定期的に消毒をしています。また、換気も常時しています。

⑤受付の対策
 患者さんにお渡ししている番号札は回収後、消毒をしており、受付の透明カーテンは1日に2回刷掃消毒をしています。

⑥技工室の対応
 診療室から技工室へ感染源の持ち込みを避けるため、印象物、補綴物などは診療室で消毒をしてから技工室へ運んでいます。技工室から診療室へ持ち込む際も消毒をし、感染リスクを軽減させています。

みなさんが安心して来院し、診療を受けられるよう、スタッフ全員で日々感染対策に励んでおります!