訪問診療

健生会の在宅診療

「住みなれた家で過ごしたい」、「最期を自宅で迎えたい(看取りたい)」というご希望にもできる限り添えるよう努めていきます。
ご相談ください。

>>在宅診療のページはこちら

訪問診療とは?

病気や障害を抱えながら在宅で生活している方々の中で、定期的に受診したり、病院まで通院するのが難しい方。
入院中の方で「もう退院しなければならないけれど、病気の管理が難しくて家に戻れない」という方。
そのような方々が、安心して在宅で暮らせるように、医師と看護師が、ご自宅まで訪問し、診察いたします。
緊急の場合に臨時で行う一般的な「往診」とはことなり、月2回の定期訪問を基本とします。病状が不安定な方は、状態に合わせて調整いたします。

訪問診療と往診の違い

保険診療上、医師がそのつどの患者さんの求めに応じて出向く診療が「往診」(予定されていない)であり、あらかじめ医師が診療の計画を立て、 患者さんの同意を得て定期的に(たとえば一週間に一回あるいは二週間に一回など)患者さんの居宅に出向いて診療するものを「訪問診療」として区別されます。

訪問診療の流れ

申し込み

訪問診療にあたっては、外来の主治医、または、入院中の主治医から診療情報提供書を書いてもらい、申込の連絡を行います。

利用者または、家族・介護者との面接

申し込みを受けて、患者さんの状態を共有するためと、訪問診療にあたっての留意事項などを説明するため、看護師と面接を行います。

訪問診療開始

面接終了後、訪問診療開始日を決めて、訪問診療開始となります。

費用
保険診療です。(別途、車代400円/1回がかかります)

担当地域
国立市と府中市の一部、その他(要相談)

連携病院
立川相互病院 立川市緑町4-1

まずは、お気軽にお問い合わせください

谷保駅前相互診療所 tel : 042-576-3896

ページ上部へ戻る