お知らせ

~当院で『大腸カメラ』検査が受けられます~

2018年6月から毎週(木・金)の午後に当院B1Fにて下部消化管内視鏡検査を開始いたしました。

                  
健康診断の便検査で陽性になった方などを中心に腸管の観察を行います。

2018年5月に新規導入した機器での検査となります。

また、検査の待合室は明るくゆったりとできるスペースとなっています。





検査までの流れのご案内
【検査決定まで】
 ①便潜血検査で陽性結果となった方・自覚症状や大腸がんが心配で検査を希望される方
    ↓ 

 ②立川相互ふれあいクリニックに受診していただきます
      <一般内科診療体制表はこちらをクリック> 
    ↓ ※便潜血検査をされていない方は先に便潜血検査をお勧めすることがあります。

 ③当院(健生会ふれあい相互病院)大腸検査日を予約していただきます。
   ※検査日は毎週木・金曜日のいづれかの空いている日となります。
    ※状態によっては、立川相互病院への検査誘導となる場合があります。
    ↓
 ④検査日当日


【便潜血検査とは?】

便に潜む血液の有無を調べる検査で、便に血が混じっているかどうか調べます。
大腸がんやポリープがあると、便が腸内を移動する際に便と組織が擦れて血液が付着します。便潜血検査では便に血が混じっているかどうか調べ、目に見えないわずかな出血も検知することが可能です。便潜血検査を受けることで、がんにかかっている可能性があるかを調べることができ、がん検診の中でも最も死亡率が下がる事が証明されています。



【検査当日の流れ】(検査は看護師がご案内サポートいたします)
①前処置(2時間~3時間  9:30からの開始となります)
 問診表記入・血圧測定・腸洗浄薬服用など
  ↓
②便確認
 便の状態で腸内状態を確認させていただきます。
  ↓
③検査(大腸カメラ)
 検査着に着替えていただき検査開始は12:30頃からとなります。
 検査時間は30分間が目安となります。

2018年6月14日現在では、早めの検査枠などご案内できます。

定期的に大腸カメラ(大腸ファイバー)検査をすすめられている方や、

自覚症状や心配な方は、受診をおすすめいたします。


一覧に戻る

      

!病棟の移転のお知らせ

立川相互ふれあいクリニック

立川相互病院