お知らせ

お茶とおもてなし

こんにちは。

健生会ふれあい相互病院在宅室 ざいたこです。

今回は在宅室室長 藤井医師のざいたこだよりをお届けします。

健生会ふれあい相互病院在宅室責任医の藤井です。

今回から藤井も訪問診療に関すること、関しないことなど時々書かせて頂きます。

さて、今回は娘が2人とも九州で働くことになったので、先日顔を見に長崎、福岡に行ってきました。

初日はあいにくの雨。観光地を巡るのは足元も気になり、佐賀県の嬉野の「うれしの茶交流館チャオシル」というお茶の見学体験施設に行きました。

嬉野は九州の中でも茶所として知られます。私は特に茶道をしたりお茶を趣味にするわけではありませんが、ここ半年ほど朝、お茶(最近は三年番茶)を淹れて1日をスタートしており、少しだけお茶に興味がありました。

お茶の葉が製品になるのには蒸しと釜炒りがあり、風味が異なる事。煎茶は低温で飲む1杯目とその後の茶葉が開いてからの二杯目、三杯目の味の変化が大きいことを知り驚きました。最終日、福岡の日本茶専門店で淹れて貰った時には、お茶を淹れる中に相手をもてなす気持ちがある事を感じました。同じように人と人が接する場である自分の診察の場でもてなしの気持ちを持ちたいと思いました。

藤井

これからも不定期ですが藤井医師のざいたこだよりをお届けします。

楽しみにお待ちください。

訪問診療ご希望の方はご相談ください。

健生会ふれあい相互病院在宅室 ざいたこ

一覧に戻る

      

各病院のご案内

立川相互ふれあいクリニック

立川相互病院