理事長あいさつ

社会医療法人社団健生会 理事長 草島 健二

宮地先生の後を継ぎ、理事長に選任されました。ご挨拶申し上げます。
12年にわたり立川相互病院長として新病院建設と急性期病院、医師育成などの発展を目指し、職員とともに歩んでまいりました。地域の連携登録医療機関は250を超え、ER、ICU、手術室、分娩など高機能、安全で質の高い医療を提供する土台ができました。4月からふれあいクリニックを中心に、より地域に密着し医療と福祉、生活を支え、法人の医療と経営を力強く発展させる決意です。
格差や孤立などの社会的要因が健康に大きく影響することが国際的に明らかになり、だれもが健康に暮らせる公正な社会づくりが取り組まれ始めています。無差別平等の医療の理念のもと、健康と福祉のまちづくりに取り組みます。出産後の母子の社会的支援を強めることもその一つで、立相産婦人科・小児科も母乳育児支援とともに取り組んでいます。
健生会は約1300人の職員が働き、地域で病院、クリニック、訪問看護などの事業を展開しています。三多摩健康友の会も2.7万人会員で、地域で健康づくりの多彩な取り組みを行っています。地域のさまざまな人とつながり、憲法の理念である平和、人権を大切にしてだれもが安心して幸せに暮らせるまちづくりをすすめます。
今までの皆様のご指導に感謝し、引き続きよろしくお願いします。