齋藤 洋太(あきしま相互病院 ケアワーカー/「健康のいずみ」第543号より)

自宅で安心して過ごせるよう多職種で連携

病棟で働く介護職の役割が変わってきていると感じています。なるべくお家へ帰って安心して過ごしていただけるように、多職種と連携を取りながら、介護職の専門性を活かして患者さま・ご家族と一緒に退院に向けた準備を進めることが増えています。無事に退院されてお元気に生活していただくことが私達のやりがいにも繋がっています。