活動報告 ACTIVITY

4階東病棟「1年目の思い出」

若手看護師

私は2020年の4月に助産師として入職し、今年で2年目になります。
1年目は主に婦人科、褥婦、新生児の看護を学び、2年目以降は分娩などを学ぶことができます。
新型コロナウイルス感染症の影響で面会や立ち会い分娩ができない中、一人で出産に立ち向かうお母さんや長期入院を乗り越える妊婦さんにどう寄り添っていくか、少しでも力になれることはないか、病棟スタッフで話し合い、支援をしています。
1年目は全てが初めてで、緊張と不安でいっぱいでしたが、先輩方が1から丁寧に教えてくれ、多くの業務や知識を学ぶことができました。また分からないことや不安なことに対しては確認しやすい環境で、また先輩が気付いて声をかけてくれることもありました。
そして、この1年を過ごしてこられたのには、同期の存在が大きかったです。
月に1回ほど研修で集まる機会もあり、違う病棟であっても、悩みやつまづいている所が同じで思いを分かち合えたり、話せることでより頑張ろうと思えました。さらに、互いの成長も感じることができました。
まだまだ未熟ですが、これからも助産師としての責任を持ち、先輩のような看護ができるよう努めていきます。

資料請求

看護学生の方はこちら

for new graduate

資料請求

既卒の方はこちら

for mid career