活動報告 ACTIVITY

私たちのナラティブ 4

ひのだい訪問看護ステーション

当ステーションに就職を決めた理由は何ですか?

元々看護学生の時にやっていた、在宅での夜間ヘルパーのアルバイトで在宅医療に強く魅力を感じ、訪問看護をやりたいと思っていました。病棟で数年勤務した後、ステーションに異動しました。

実際に働いてみてどうですか?

病棟勤務をしていた時と違って、一人一人の利用者様に時間が取れ、決められた時間の中でその方に合わせた看護を提供することができるので、充実した看護ができています。 利用者様に「来てくれると安心する」「訪問看護を頼んで良かった」「家で看取れて良かった」などと声をかけてもらえると、大変な事もありますがやっていて良かったと思います。

印象に残っている患者さんのエピソード

40代の男性の癌末期の方で、3歳の息子さんと少しでも一緒にいたいと自宅での最後をご本人が希望されました。痛みが強く腹水が溜まる中でも息子さんと奥様と三人での時間を大切に過ごされました。最後の時はご家族皆さんがそろい見守られながら旅立たれました。 ご兄弟とお体をきれいにし、奥様の希望で息子さんと奥様が添い寝をされ、ご本人を抱き寄せいらっしゃいました。「家に居られて良かった」と奥様から声をかけていただき、短い間でしたが関わらせてもらえて良かったと思う事例でした。

最後に一言

現在子育て真っ最中です。また管理者になり数ヶ月で慣れない業務に右往左往しながら毎日を過ごしています。小さいステーションですが子育て中のスタッフも多く、みんなで協力しながら訪問をしています。訪問するのは一人ですが、相談でき、また支えてくれる仲間がいることに感謝しながら楽しく訪問させてもらっています。  

資料請求

看護学生の方はこちら

for new graduate

資料請求

既卒の方はこちら

for mid career