「いのちは平等」の社会づくりに向けて

「いつでもどこでも誰でもが安心して良い医療・介護を受けられる」ことは憲法25条で保障された国民の権利です。
健生会はその実現に向けて積極的に行動しています。
医療機関がなぜそこまで?と思われるかもしれませんが、私たち健生会の原点が、「いのちは平等」だからです。

教えて!民子先生 ふれあいクリニックに予防接種を受けにきた健人くん。待合室で気が付いたことを民子先生に聞いてみました。

立川相互ふれあいクリニックに行ったら「社会保障改悪に反対」っていうポスターを見たよ。

立川相互ふれあいクリニックなどを運営している健生会は、お金がなくて医療を受けられない患者さんのために作られたの。
すべての患者さんにより良い医療を提供することが私たちの願い。
そのためには、誰もが安心して医療・介護が受けられる制度を整備することも、とても重要な問題だと考えているからよ。

核兵器や原発にも反対しているよね?

世界中が平和でなくては、すべての人の命と健康を守れないわよね。
命を脅かす戦争や核兵器、原発をなくすために、健生会は積極的に問題を発信したり行動しているのよ。

僕たちの命や健康に関わる問題って、たくさんありそうだね。
いま、健生会がとくに大切にしていることは?

政府はいま、医療保険や介護保険を改悪しようとしているの。
憲法を変えて、日本を戦争できる国にしようという動きも強まっているわ。
私たちが暮らしやすい世の中を作るために、健人くんも一緒に声を上げていきましょうね!

原発

社会保障

TPP

生活保護・貧困問題

憲法

平和

ページの先頭へ戻る