杉原 健太(立川相互病院5階西病棟 看護師/「健康のいずみ」第537号より)

豪雨被害の岡山へ―被災時の医療知る機会に

勤務の合間にお休みを頂き、岡山でボランティアに参加して来ました。被災から2週間経ったとは思えない災害ゴミの量、1階の窓ガラスがない住宅街が印象的でした。主に医療従事者として救護所での対応や高齢住宅への訪問をおこないました。普段、病棟で働く中では想像できない被災時の医療の役割を知る機会となりました。