平成27年度 立川相互病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数 138 60 285 430 457 575 1180 1833 1779 571
27年度の退院数は7308人、26年度の退院数は6857人。
年齢構成より、60歳以上の方の割合は27年度:73.39%、26年度:74.49%。
10歳未満の割合は26年度の0.55%(38名)から27度は1.89%(138名)と増加している。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 124 19.21 21.69 2.42 84.91
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 103 15.82 14.34 8.74 72.68
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 56 16.86 12.60 10.71 77.96
近隣地域において、誤嚥性肺炎及び肺炎の患者様の当院への入院割合は例年比較的高い状態です。
内科において時点の腎臓または尿路の感染症についても同様となっています。
呼吸器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 108 17.69 14.34 2.78 72.70
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 49 23.37 20.63 2.04 71.43
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 42 23.33 21.69 14.29 84.19
誤嚥性肺炎及び肺炎については内科での解説どおりとなります。
また間質性肺炎の他に睡眠時無呼吸症候群での検査入院症例数が非常に多いです。
消化器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 63 11.30 10.93 1.59 79.10
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的消化管止血術等 定義副傷病なし 54 3.17 2.76 3.70 68.20
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 22 8.82 9.20 4.55 75.55
消化器で症例数は26年度とほぼ変わりありません。
胆管系では経皮的手術の症例件数が多いです。
小腸大腸の良性疾患、また胃の悪性腫瘍手術については内視鏡的手術を行った件数が多いです。
循環器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 191 3.03 3.07 0.52 69.14
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 119 4.72 4.87 2.52 71.79
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 60 16.42 18.30 5.00 82.23
循環器ではカテーテルによる心臓の血管内検査及び手術の症例数が多いです。
最も症例数が多いものは冠動脈へのカテーテル検査、ついで経皮的冠動脈ステント留置術及び形成術を
施行するものとなります。
小児科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 51 6.86 6.17 3.92 0
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 39 8.77 11.59 5.13 0
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし - - 5.72 - -
当院では分娩の実績が434件でした(27年度)。
分娩数に伴い児の症例数も多数となっております。
外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等28あり 60 3.37 11.62 0.00 68.78
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 定義副傷病なし 42 3.00 4.53 2.38 64.76
060150xx03xx0x 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 定義副傷病なし 39 6.18 5.56 0.00 41.82
肺の悪性腫瘍及び結腸の悪性腫瘍では抗がん剤での治療件数が多いです。
虫垂炎については開腹手術の症例が多いです。
整形外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 83 36.66 28.70 15.66 81.34
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病なし 54 34.43 21.52 35.19 83.72
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 29 12.97 5.70 0.00 59.66
高齢の方が多く、股関節大腿近位骨折については観血的手術を行う症例が多く、また人工骨頭を使用する症例も多いです。
手術等を行わない腰椎圧迫骨折の症例も多いです。
比較的若年層では前腕の骨折について手術を施行する症例も多いです。
産婦人科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 49 21.63 20.87 6.12 30.80
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 48 8.88 9.63 0.00 31.33
120140xxxxxxxx 流産 48 1.27 2.34 0.00 34.58
当院では分娩の実績が434件でした(27年度)。
分娩数に伴い、産科領域での症例数が当院は多いです。
また、女性医師を中心とした産婦人科として総合的に管理を行っています。
リハビリ科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 17 24.47 15.80 5.88 79.00
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 19.32 - -
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病なし - - 21.52 - -
回復期リハビリテーション病棟への転入のため一定の症例数があります。
皮膚科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 20 7.45 8.97 0.00 64.65
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 13 9.69 11.97 0.00 69.62
080080xxxxxxxx 痒疹、蕁麻疹 - - 6.48 - -
帯状疱疹等皮膚科の入院症例数は当院の入院数内では少数となります。
泌尿器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 37 4.08 7.59 0.00 73.76
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 11 11.10 12.60 0.00 76.27
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 定義副傷病なし - - 5.49 - -
経尿道的悪性腫瘍手術を施行する症例が多いです。
DPCコードではカウントされない項目として、前立腺の生検検査を目的とした入院も
症例数が多いです。
腎臓内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 35 17.69 14.34 5.71 71.86
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 27 14.26 13.64 11.11 70.19
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 26 26.54 21.69 15.38 86.04
慢性腎不全の症例は例年1定数いらっしゃいますが、27年度は基礎疾患に腎臓疾患がある急性の肺炎症例が増加しています。
代謝科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 122 21.67 15.35 4.10 67.72
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 53 25.00 14.34 11.32 76.72
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 28 27.79 21.69 10.71 82.00
糖尿病での症例が大多数を占めていますが、症例数で糖尿病に次ぐ疾患が肺炎である構成は26年度と変わりません。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌 36 6 7 12 9 13 UICC 7
大腸癌 14 13 23 22 20 114 UICC 7
乳癌 18 14 4 4 5 4 UICC 7
肺癌 13 2 69 85 15 46 UICC 7
肝癌 0 2 1 1 2 1 UICC 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
分類数は肺癌が最多数となり次いで大腸癌・胃癌となります。
肺癌の分類はStageⅢ・Ⅳが多数となります。胃癌はStageⅠが最多となります。
治療内容は胸腔鏡下手術・腹腔鏡下手術・開胸手術・開腹手術・抗がん剤治療・内視鏡的治療等を行っており、放射線療法は他医療機関に
おいての施行となります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 52 9.19 47.56
重症度 1 85 13.92 78.84
重症度 2 63 20.95 79.81
重症度 3 40 18.30 82.98
重症度 4 11 40.27 82.55
重症度 5 - - -
不明 11 13.18 77.36
当院では中等症の症例の割合が最も多いです。
重症度が高くなるほど在院日数の長期化や平均年齢が高くなっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10傷病名発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
G45$一過性脳虚血発作及び関連症候群3日以内 17 5.29 79.29 0
その他 - - - -
G46$脳血管疾患における脳の血管(性)症候群3日以内
その他
I63$脳梗塞3日以内 102 38.54 76.12 15.69
その他 33 75.00 76.45 9.10
I65$脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの- - - -
I66$脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの- - - -
I675もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>3日以内
その他
I679脳血管疾患,詳細不明3日以内
その他
傷病名は脳梗塞が最多であり、更に発症日から3日以内の症例数が最多となります。
発症日が3日以内に該当しない症例については、在院日数が長期化している傾向があります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
消化器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2cm未満) 63 1.21 1.46 3.17 69.10
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 56 1.88 9.64 1.79 77.73
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 25 5.12 18.20 4.00 77.84
循環器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 112 1.48 3.36 3.57 71.41
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 50 1.22 2.44 0.00 73.50
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 17 0.88 2.35 0.00 74.64
循環器内科について手術数の順位は26年度と同じでした。
末梢動脈疾患へのカテーテル治療が多数を占めます。
冠動脈へのカテーテル治療に次ぎ、下肢の末梢動脈への
カテーテル治療の症例数が多いです。
外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 67 0.09 1.70 0.00 70.19
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 36 1.80 9.42 0.00 61.83
K7193 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術 32 9.09 22.41 3.13 72.69
外科での術式別施行数の順位は26年度と変わりなし。
胆のう摘出術は腹腔鏡下の術式が多数となっています。
乳腺の手術も一定数施行しているが、当院では女性の医師が担当しております。
整形外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 79 5.99 40.15 8.86 78.30
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 33 7.33 36.88 18.18 80.24
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 29 2.86 24.52 3.45 64.28
外傷による観血的手術や人工骨頭挿入術を施行する症例が多いです。
高齢者の骨折についての症例が多いです。
脳外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 11 0.64 6.18 0.00 80.91
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) - - - - -
慢性硬膜下血腫に対する症例数が一定あります。
当該症例における手術の施行件数は26年度とほぼ同じです。
産婦人科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 61 8.84 6.95 0.00 34.38
K861 子宮内膜掻爬術 51 0.14 0.25 0.00 48.45
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 48 2.31 7.33 0.00 29.50
27年度の分娩数の実績は434件であり、帝王切開の施行数が上位を占めております。
手術施行数上位3位以下でも子宮全摘術や腹腔鏡による手術等、多数の実績があります。
眼科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 290 0.04 0.10 0.00 74.88
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズ挿入) - - - - -
白内障に対する手術を例年約300件行っております。
泌尿器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 40 1.03 1.78 0.00 74.23
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 18 2.00 70.06 11.11 73.56
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) - - - - -
膀胱がんに対する経尿道的手術を行っています。
泌尿器科における最多の術式は26年度と同じです。
腎臓内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 16 2.88 13.38 6.25 70.75
K610-3 内シャント設置術 14 8.14 9.21 0.00 62.00
K608-3 内シャント血栓除去術 - - - - -
人工透析に対し、シャントトラブルに対する手術や、シャントの設置を行っています。
シャントトラブルについての手術は外来での対応が可能なものは外来で行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一 0 0
異なる 20 0.27
180010敗血症同一 18 0.25
異なる 42 0.57
180035その他の真菌感染症同一 0 0
異なる 3 0.04
180040手術・処置等の合併症同一 36 0.49
異なる 17 0.23
入院後に敗血症が発症した割合は057%であった。
手術・処置等の合併症については、透析患者様におけるシャントトラブルでの入院が一定数発生しています。
更新履歴