診療科のご案内

耳鼻咽喉科

 皆様が耳鼻咽喉科を受診する時はどのような症状でお悩みでしょうか。鼻水が出る、鼻がつまる、耳が痛い、良く聞こえない、のどが痛い、声がかすれる、実は様々な症状や病気を診ているのが耳鼻咽喉科です。なおかつ乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層を診療の対象としています。よく風邪がなかなか治らないとおっしゃる方がいますが、そのほとんどは我々の治療の範囲です。いわゆる風邪(感冒)ではなく、アレルギー性鼻炎であったり咽喉頭炎であったりします。急にぐるぐる回るめまいを感じる、吐き気もあるといった症状は耳のなかの内耳という部位に問題が生じていることが少なくありません。首に何かしこりがある、リンパ腺がはれている、このような時は必ず耳鼻咽喉科にかからなければいけません。がんが潜んでいることがあるからです。口の中に白く硬くなっている部分がある、舌が痛い、ここにもがんがあるかもしれません。小さいお子さんは耳や鼻の症状をはっきりとは訴えません。痛みがでることはそう多くはなく、知らず知らずのうちに聞こえが悪くなっていたり鼻がつまっていたりします。小児科を受診する時は耳鼻科にも行ってみてください。よく鼾をかく、寝ている時数秒から十数秒呼吸が止まっていることがよくある、眠りが浅いといった場合、はな、くち、のどの構造が狭いのが原因ということがあります。急に聞こえなくなった(突発性難聴)、顔の半分が動かない(顔面神経麻痺)、発症早期での治療が必要です。

 立川相互ふれあいクリニックの耳鼻咽喉科では非常勤医による外来診療を行っています。がん研究会附属病院頭頸科、東京大学病院耳鼻咽喉科からの派遣医により毎日の診察を行っています。日常診療においては常に的確な診断と治療を心がけており、急性疾患、悪性腫瘍および良性腫瘍は主にがん研病院、入院治療、中耳内耳疾患などは近隣の病院との連携で高度治療を保っています。


最後にお奨めしたいことは、

  • お酒、タバコがとってもお好きな方は口腔、咽頭、喉頭、肺、食道の癌検診を受けられると良いです。
  • 花粉症の方は2月頃から治療を始めるのが良いと思います、またスギ以外の花粉にもご注意を。
  • ご高齢で難聴のある方には補聴器をすすめます。
  • 幼稚園から小学校低学年児の10人に1~2人は滲出性中耳炎、副鼻腔炎にかかっています。
    気軽に耳鼻咽喉科で相談してください。

外来診療表

 
午前 日高 柴﨑 鳥居 鈴木さ 新橋

[輪番制]