ホーム診療科のご案内 > リハビリテーション科

受付時間

立川相互病院 外来
午前 8:30~11:00
午後 12:30~15:30
夜間 16:00~19:00 木曜のみ

042-525-2585

立川相互ふれあいクリニック 外来
午前 8:20~11:00
午後 13:00~15:30
夜間 16:30~19:00 火曜/木曜

042-524-1371
採用情報友の会・患者会 健康管理センター 人間ドック・脳ドック 赤ちゃんにやさしい病院2011.11認定されました。基幹型臨床研修病院

関連ホームページ

立川相互病院隣接子ども診療所 訪問看護ステーション 研修医・医学生net 健生会立川相互病院看護部

リハビリテーション科

健生会のリハビリテーション

切れ目ないリハビリを提供する!!
急性期/回復期/生活・維持期
立川相互病院 リハビリテーション室
立川相互病院 リハビリテーション室
施設基準

脳血管リハ(Ⅰ)、運動器リハ(Ⅰ)、呼吸器リハ(Ⅰ)

スタッフ数(H24.10 現在)

41名(理学療法士:25名、作業療法士:9名、言語聴覚士:7名)

認定資格者(H24.10 現在 法人内)

3学会合同呼吸療法認定士:5名
西東京糖尿病療養指導士:2名

各部門の特徴

理学療法

・プラスチック長下肢装具を東京で初期に導入
・呼吸・循環・糖尿病リハビリにも力をいれています
・疾患別チーム制で専門的に学べます

作業療法

・「その人らしい生活」を目指した作業療法を追求
・急性期/回復期/外来と様々な疾患を対象
・後輩・学生指導にも部門全体で取り組んでいます

言語聴覚療法

・社会復帰を見据え、入院~外来まで末永く
・VF300件超/年 適宜VEも実施
・訪問リハは出向の形式で少しずつ開始
・小児構音外来も開始予定

立川相互病院 リハビリテーション室

研修制度

新人教育

新人教育プログラムに基づき、職場全体で取り組んでいます。新人一人に対してリーダー・プリセプターを中心にチームで関わります。日々の指導・講義だけでなく、OSCEを通して実技指導もしています。
新人、先輩セラピストが共に育つことを目標にしています。

信頼の出来る先輩達がいることで新人が抱える不安や悩みを相談でき、とても心強い環境で1年目を来ました。また、症例発表を行うことで自分の治療を振り返り、今後関わる患者様に活かすことが出来ました。

外部研修

職員の外部研修への参加に対して業務保障と参加・宿泊・交通費を補助しています。
全体のスキルアップのために伝達講習をお願いしています。

自分が興味のある分野の学会や研修会への参加保障してもらっています。研修に参加した後は、病院で伝達講習を行い、個人だけでなくリハビリ室全体のレベルアップにつながっています。

部会主催研修

当法人には研修チームがあり、外部講師を招いた研修会を、2 回/年めどに開催。前回(9/1)はふれあい町田ホスピタルの石渡先生を招いて「ハンドリング」をテーマに研修会を開催しました。その他にも視野の広いセラピストを目標に、年次研修システムも作っています。
また、当リハビリテーション室は東京民医連リハビリ部会に所属しています。
リハ部会は500 名を超える規模で、外部講師を招いての研修、新人・中堅・職責者等、キャリア別の研修、他院所の見学、新人さんの合同症例検討会などを行っています。

部会主催研修

スタッフからのコメント

今年入職したPTです。立川相互病院のリハビリテーション室はとてもやりがいがあると思います。先輩がいつも丁寧に指導してくれますし症例発表も毎週おこなっていて、定期的に勉強会もあるのでとても勉強になります。また、急性期病院に加えて回復期病棟もあるため、広い範囲の分野を経験することができます。毎日必死ですが、頑張れる環境だと思います。

2歳半の娘の母です。毎日、家と保育園と職場をめまぐるしく行き来しています。子どもが熱を出して保育園から呼び出しの電話がかかってきた時など、正直このまま仕事を続けられるか不安になることもあります。でも他にもママさんがたくさんいるし、何より職場がとても理解があるので、感謝の気持ちを常にもって、頑張りたいと思います!

ページトップへ