受付時間

立川相互病院 外来
午前 8:30~11:00
午後 12:30~15:30
夜間 16:00~19:00 木曜のみ

042-525-2585

立川相互ふれあいクリニック 外来
午前 8:20~11:00
午後 13:00~15:30
夜間 16:30~19:00 火曜/木曜

042-524-1371
採用情報友の会・患者会 健康管理センター 人間ドック・脳ドック 赤ちゃんにやさしい病院2011.11認定されました。基幹型臨床研修病院

関連ホームページ

立川相互病院隣接子ども診療所 訪問看護ステーション 研修医・医学生net 健生会立川相互病院看護部

眼科外来診療表はこちら

午前中は外来診療、午後は予約検査、火曜日は手術をおこなっています。

普及された白内障手術

 当院では白内障手術は原則点眼麻酔か局所麻酔でおこなっています。
 医療機器と技術の進歩により傷口は小さく、より安全におこなえるようになりました。
 昔は濁った水晶体を摘出するだけだったのですが、現在は水晶体を取り除いた後に、人工水晶体を眼内に移植することができるようになりました。
 人工水晶体の材質も折り曲げられる柔らかい材質の人工レンズが主体となっている現在、より傷口を小さくできるようになりました。
 当院でも傷口を2~3mmにとどめ無縫合でおこなっています。
 また超音波により眼内で細かく砕いて、吸引して行うので時間も15分前後と負担も軽減されていますので日帰り手術も可能です。
 ただし、ご高齢のかたは内科主治医と相談させていただき入院が必要になる可能性はあります。
 手術の内容等は担当医より詳細に説明させていただきます。

糖尿病と密接

 当院の特徴は、糖尿病の患者様が非常に多いことです。
 糖尿病と眼は密接な関係にあります。
 糖尿病網膜症は、初期は無症状ですが、進行してくると眼底出血に始まり、網膜剥離や緑内障を引き起こし、最悪失明に至る可能性がある疾患です。
 網膜症が進行してきますと蛍光眼底検査、レーザー治療、手術が必要となる場合があります。自己判断で診療中止をなさらないように心がけてください。

眼鏡

 当科では眼鏡のご相談にも応じています。
 我々にとって、眼がみえるということは、生活するうえで大変大切なことで、眼から得られる情報を基に生きているといっても過言ではありません。
 何か少しでも苦痛、不安を感じたら、まず眼科を受診し、適切な治療を受けるように心がけましょう。

担当医師経歴

職名氏名出身大学資格
科長 大久保俊之 帝京大学(2001年卒) 日本眼科学会専門医
ページトップへ