ホーム診療科のご案内 > 泌尿器科

受付時間

立川相互病院 外来
午前 8:30~11:00
午後 12:30~15:30
夜間 16:00~19:00 木曜のみ

042-525-2585

立川相互ふれあいクリニック 外来
午前 8:20~11:00
午後 13:00~15:30
夜間 16:30~19:00 火曜/木曜

042-524-1371
採用情報友の会・患者会 健康管理センター 人間ドック・脳ドック 赤ちゃんにやさしい病院2011.11認定されました。基幹型臨床研修病院

関連ホームページ

立川相互病院隣接子ども診療所 訪問看護ステーション 研修医・医学生net 健生会立川相互病院看護部

泌尿器科外来診療表はこちら

 当病院の泌尿器科は常勤3人、非常勤2人で、診療を行い、月から土曜日の午前中と木曜午後に外来を開いています。また、水曜日と金曜日の午後には予約外来を行い、精密検査、病状説明などをできるように努めています。
 泌尿器科の担当する領域は尿路系、男性生殖器ですが、当科は対象臓器の、特に悪性腫瘍の治療を主として行っており、病院の性格上、合併症の多い患者さんの手術療法をメインに、短時間、少出血量の手術を目指しています。とくに前立腺ガンの前立腺全摘除術ではリンパ節郭清をふくめ、手術時間約2時間にて終了しています。
 当院には放射線治療設備がないため、外照射は近隣の共済立川病院放射線科にお願いし、前立腺がんの放射線小線源療法を希望される方には、当科がもともと群馬大学泌尿器科学教室からの派遣により常勤化されたこともあり、群馬大学泌尿器科への紹介をはじめ、国立病院東京医療センター、国立国際医療センターなどへ紹介を行っています。
 尿管結石の治療も行っておりますが、結石破砕は基本的に外来にて行い、第三世代破砕機ドルニエ社リソトリプターDを用い現在までに計1,500回以上の破砕を行っております。結石がつまったために起こる腎盂炎で初診される方もおられますが、可能であれば、入院での必要な処置の後にできるだけ早く日常生活に戻し、外来で破砕するようにしています。
 入院治療においては、当科は主治医制ではなくグループ診療体制をとっており、各員がコミュニケーションをとることにより、全員で患者さんを把握できるようにつとめています。
 また当科では緊急、救急の場合を除いては、小児泌尿器を対象疾患としていないため、ごく軽症以外は手術等の場合、他院へ紹介するようにしています。

担当医師経歴

職名氏名出身大学資格
科長 栗田晋 群馬大学(1991年卒) 日本泌尿器科学会泌尿器専門医・指導医、日本がん治療認定機構がん治療認定医
  李哲洙 高知大学(2001年卒) 日本泌尿器科学会泌尿器専門医
  森川泰如 群馬大学(2001年卒) 日本泌尿器科学会泌尿器専門医
  渡邊晃秀 杏林大学(2012年卒)  
  一ノ瀬義雄 非常勤 代々木病院副院長
  西村泰司 非常勤 日本医科大学名誉教授
ページトップへ