病院案内

院長あいさつ

 健生会は、1951年(昭和26年)、戦後の貧しかった時代に、地域の人々の手によって設立されました。 以来、70有余年、一貫して「庶民の健康と生活を守る」医療を追及しています。

 立川相互病院初代院長・須田朱八郎の言葉です。 「病める肺、病める腎臓だけを診るのではなくて、医師、看護婦、事務、診療所全体の力が、患者とその家族、いな、もっと多くの同じように生活とたたかっている人たちと力を合わせ、その合作した力で1人の患者を治療し、健康と、健康が支えられる生活を守ろうとしているのです」 この思いは今に至るまで、なに一つ変わりません。

 患者さんに最善の医療を提供するため、各専門科で新しい技術を常に追求します。 一方、どなたにも安心して医療をうけていただくため、ベッド差額はいただきません。個室は、病状に応じて無料で入っていただきます。さまざまな事情のある方には、無料低額診療の制度もご利用いただけます。 病気のこと、生活上のこと、何事によらず、心配のある方は、遠慮なくご相談ください。

 さらに、政府による、庶民の生活切り捨て、医療抑制政策に唯々諾々と従うのでなく、庶民の健康と生活が守られる世の中を作るため、提言をおこない、あらゆる手を尽くします。

 現在の劣悪な医療経済条件のもと、このように無差別平等の医療を継続し得ているのは、ひとえに、地域の皆さんのお力添えによるものです。 社会医療法人社団健生会・立川相互病院は、これからも、皆さんと手をたずさえて進んでまいります。ご協力のほどお願い申しあげます。

2024年5月20日

 

立川相互病院
院長 髙橋 雅哉

各病院のご案内

健生会ふれあい相互病院

立川相互ふれあいクリニック