ホーム診療科のご案内 > 整形外科

受付時間

立川相互病院 外来
午前 8:30~11:00
午後 12:30~15:30
夜間 16:00~19:00 木曜のみ

042-525-2585

立川相互ふれあいクリニック 外来
午前 8:20~11:00
午後 13:00~15:30
夜間 16:30~19:00 火曜/木曜

042-524-1371
採用情報友の会・患者会 健康管理センター 人間ドック・脳ドック 赤ちゃんにやさしい病院2011.11認定されました。基幹型臨床研修病院

関連ホームページ

立川相互病院隣接子ども診療所 訪問看護ステーション 研修医・医学生net 健生会立川相互病院看護部

整形外科外来診療表はこちら

連携強め、多様な手術に対応

整形外科は「運動器」の疾患を扱う診療科です。

運動器」とは身体の芯になる骨・関節などの骨格系とそれを取り囲む筋肉やそれらを支配する神経系のことであり、その機能の改善を目的として治療するのが整形外科です。背骨と骨盤というからだの土台骨と、四肢(肩、肘、手、股、膝、足など)を主な治療対象にしています。
日本整形外科学会では、運動器不安定症、ロコモティブシンドロームという概念を提唱して、運動器を健康に保ち、寝たきりにならないための予防の重要性を訴えています。


外来では種々の外傷・骨折などの治療をはじめとして脊椎疾患(腰痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など)、関節疾患(変形性関節症、リウマチなど)骨粗鬆症など治療を行っています。

当科ではリウマチに対する生物学的製剤の治療を行っています。

骨密度測定器、MRI、CT等の検査機器を導入し精密検査が可能です。

水曜日の義肢装具外来では、コルセットや各種装具の相談にものっています。

外来患者様のリハビリテーションは立川相互病院で行います。

※なお外来は予約診療を基本にしておりますが、当日来院も受け付けしています(診療案内を御参照下さい)。


入院は立川相互病院4階南病棟が整形外科病棟となっており、常時30~50人の患者様が入院されています。

手術内容は整形外科全般にわたり、年間約400件の手術を行っています。一般外傷・骨折に対する手術をはじめとして、頚椎・腰椎の手術、股関節、膝関節の人工関節置換術、膝の関節鏡による検査・手術などを行っています。

術後のリハビリテーションは、回復期リハビリテーション病棟で行います。在宅治療へ向けての家屋の評価や改造のアドバイスなどを行い、患者様の自宅での療養へ向けてのお手伝いをさせていただいています。

整形外科部長 黒木 啓文

私、黒木は3月まで新宿の国立国際医療研究センターで主に脊椎手術を担当し、この間約1000件の脊椎手術に関わってきました。技量・設備・方針から可能な手術と対応できない手術があります。

可能な脊椎手術・手技:

頸椎・胸椎・腰椎の前方・後方除圧または固定手術(開胸、開腹、後腹膜腔含む)、顕微鏡下手術、ヘルニアや狭窄症の他、脊髄髄外腫瘍、腰椎変性側弯、脊椎感染・外傷、骨粗鬆症性圧迫骨折


お引き受けできない脊椎手術・手技:

TES(椎体全摘)、若年者の脊椎側弯症、胸椎レベルのOPLL、脊椎転移の術中照射、脊椎内視鏡手術、脊髄髄内腫瘍、脊椎原発悪性腫瘍、CPナビ必須の手術、局麻椎体形成、レーザー治療

お引き受けできる患者さんと治療困難な患者さんを識別していただくことが円滑な連携には必要かと考えます。外来は下記の体制でふれあいクリニックにて行っております。お気軽にご相談・ご紹介ください。

立川相互病院 整形外科部長 黒木 啓文

担当医師経歴

職名氏名出身大学資格
部長 黒木啓文 東京大学(1977年卒) 日本整形外科学会整形外科専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
科長 向山新 旭川医科大学(1984年卒) 日本整形外科学会整形外科専門医、日本リウマチ学会リウマチ専門医
  丸山義行 新潟大学(1991年卒)  
  江口直 日本医科大学(2006年卒) 日本内科学会認定医、日本骨粗鬆症学会認定医
  増澤泰佑 杏林大学(2011年卒)  
  日野出 達樹 筑波大学(2011年卒)  
非常勤医師

伊佐治 純(日本整形外科学会専門医・リウマチ医、リウマチ学会リウマチ専門医)

藤本    陽 (日本整形外科学会専門医)
山田 浩司(整形外科一般)

牛尾 修太(整形外科一般)

小沼 博明(整形外科一般)

大西 惟貴(整形外科一般)

張    劉喆(整形外科一般)

出口 剛士(整形外科一般)

お問い合せ・お申し込み

立川相互病院 TEL.042-525-2585 または、
立川相互ふれあいクリニック TEL.042-524-1371 にお問い合わせ下さい。

ページトップへ